アマゾンと楽天市場の注意点

 通信販売のメリット、デメリットを理解しましたら、日本2大通販サイトのアマゾン楽天市場でそれぞれ注意点がありますので記述します。購入時に参考にしてみてください。ゾイドサイトですのでゾイドメインの内容になっています。

 どちらも商品検索は自由にできますが、予約、購入する際には会員登録が必要になり、氏名、住所、電話番号、郵便番号、メールアドレスなどを登録し、ID、パスワードを設定する必要があります。少し面倒に思えるかもしれませんが、次回より個人情報を再度記載する必要なく買い物ができます。どちらの店舗もゾイド新商品が2、3割ほど安く購入でき買い物でも重宝します。

2大通販サイトの特徴を簡単に記載すると
アマゾンは送料無料!
楽天市場はポイント還元!


 …という特徴を持っています。

 アマゾンは通常配達は全て送料無料となり、通販のデメリットとされる送料がかかりません。単純に販売価格のみを参照にすればいいので支払い金額が分かりやすいです。
 対して楽天市場は送料がかかる半面(一部で送料込の商品や特定金額以上で送料無料になる場合はあります)、全商品最低1%のポイント還元を行っていて、貯まったポイントは次回より1ポイント1円として利用できます。通常は1%のポイント還元ですが、期間限定のキャンペーンなどによってはポイント3倍、5倍、10倍となり、ポイントでお得に商品を購入できます。

 今回は例として「HMM ライガーゼロ イエーガー」を予約、購入しようと思います。税込7350円のコトブキヤモデルです。はたしてどれほど安く購入できるのでしょうか?2大通販サイトでの注意点をしっかりと確認してみてください。

 注意。このページはアマゾンと楽天での注意点を考慮したうえで安い店舗を探していますが、最安値とは限りません。また、訪問者様の閲覧時期によっては検索結果や販売価格が異なる場合や予約、購入ができない場合がありますので、参考ページとしてご覧ください。


↓まずはアマゾンから↓



↑こちらがトップページの一部。上部の検索ウィンドウで「ライガーゼロ イエーガー」と入力し、検索結果をクリックします。



↑こちらがイエーガーの商品ページ。税込7350円のところ送料無料で4906円なのですから、かなりお買い得です。この商品の予約、購入に関しては問題はないのですが、アマゾンの中にはアマゾンマーケットプレイスと呼ばれる販売形式があります。これはアマゾン内での検索で表示されますが、販売自体は別店舗や個人売買のものです。見分け方は↓


↑商品ページの販売会社がアマゾン以外の表示ならマーケットプレイス販売となります。マーケットプレイスが悪いというわけではありませんが、送料が発生したり、割引率が低かったり(入手困難な場合定価以上になる時あり)、支払い方法が限定されたりしますので購入の際は十分に確認の上でご利用ください。



↓次は楽天市場↓


↑こちらが楽天市場のトップページの一部。アマゾン同様に検索ウィンドウにキーワードを入れ検索することになります。アマゾン以上に多数の店舗から成り立っているので「ライガーゼロ イエーガー」と入れるだけではタカラトミーのイエーガーユニットや可動王イエーガーユニットもヒットしてしまうので「HMM ライガーゼロ イエーガー」と入れたり、価格の上限、下限を定めたりして範囲を狭めると検索結果が分かりやすくなります。



↑同一商品でも複数の店舗で取り扱っている場合は検索結果に多数表示されますので、分かりやすく並ばせるため並び順の「価格が安い」をクリックして安い順に並んでもらいます。



↑すると安い順から上位表示されます。一番上の4700円の店舗がアマゾンより安くお得に思えるかもしれませんが、送料が別に発生する点に注意。アマゾンは送料無料となっていましたが、こちらは送料別であることをしっかりと認識しましょう。
 送料までしっかりと調べた結果、楽天は店舗によって送料が390円〜960円かかり、商品代金と送料を足した金額で一番安くて5360円(商品代金4860円+送料500円)という結果になりました。購入後に貰える1%のポイント分を差し引いてもアマゾンの方が安かったです。送料、商品代金の安い楽天店舗はゾイドショッピングエリア

調査結果
定価 アマゾン本店 楽天市場最安
7350円 4906円 5360円



 今回はアマゾンの方が安く予約、購入を行えましたが、場合によっては楽天市場の方が総支払い金額で安く購入できる場合もあります。また総支払い金額で楽天が負けている場合でもポイントで全額支払うこともできるため一概にどちらがいいかとは言い切れません。

 両店舗の特徴と注意点を十分に理解した上で、お得なゾイド商品の購入に役立ててください。



ゾイドショッピングエリアトップに戻る