GAMEぎゃざ2002年3月号 レビュー

↑GAMEぎゃざ2002年3月号。中古で購入できた当時物。2002年の2月2日頃に発売。

記事はクリックすると画像が大きくなります。
↑ゾイドバトルカードゲーム。ブースター6の目玉とされる移動要塞カードが紹介されています。ゾイドを格納して回復できるのはいいのですが、HPが低いのですぐ落ちる気がします。個人的にはHPを増やして基地扱いにして戦えたりすると面白いと思いました。

しかし、包囲陣系の性能がおかしい。
↑栄光の殿堂入りカードたち。カメックス、プクリン、わるいラフレシア、エリカのプリン、ニューラは☆☆☆の制限カード。しかし、この時点でもまだ甘く、わるいラフレシアとニューラは後に最高ランクの☆☆☆☆に引き上げられました。ニューラは最初から殿堂入りでしたが、わるいラフレシアに至っては平気で4枚積みできた時代があり、タケシのキュウコンが化けて、ポケモンカード史上最悪デッキとされる「タケキュウロック」で当時、多くの子供たちを苦しめました。
↑デュエルファイター刃。

ゼニガメ→育て屋→カメックス進化→あまごい

オーキド博士→あまごい連打


どうしろと?





ホビー雑誌ゾイド記事レビュートップに戻る