ZA ムゲンライガー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
ZA ムゲンライガー ライオン型 駆動なし 6800円
↑ZA ムゲンライガー。エヴォルト最終モデル。本家が半完成品歩行キットで対象年齢6歳以上のためディティールが甘くプロポーションが悪かったですが、対象年齢15歳以上の無動力アクションフィギュアになることで、圧倒的なカッコよさを実現しています。定価6800円と高いですが、多くの方が満足できる出来だと思います。とにかくカッコいいです。
↑顔。ムラサメと同じく口とコックピットが開閉します。タテガミは鋭利ですが、小さめになっています。そのため前足を動かしやすいです。
↑胴体。大刀が目立ちますが、胴体自体は意外とスリム。ゼロパンツァーのようなプロポーションではありません。
↑足。ムラサメと同じくパイルバンカーギミック搭載。ただ、ムゲンの機動性でどこまで動けるか不明です。むしろ刀を差して曲がった方がいい気もします。
↑ムゲンブレード。最大級の大刀で、ムラサメブレードと比較してもこのサイズ。もはや切るというより、その重さで叩き潰すイメージの方が強いです。アニメだとマサムネブレード。
↑ムラサメブレイカー。こちらでやっとムラサメブレードと同サイズ程度。小太刀のハヤテライガーと比べるとサイズ差がよく分かります。。アニメではこちらもムラサメブレードになっています。
↑2本の大刀は可動範囲が広く、ムゲンブレードはさらに関節が1つ多いです。
↑エヴォルト対決。実際には同一機体のため戦うことはありませんが、想像すると楽しいもの。一見してムゲンライガー最強の思えるかもしれませんが、可動範囲に弱点あり。ムラサメは刀一本ですが、左右を自由に展開出来て、ハヤテは左右の前足装備のため自身には当たりにくいです。ムゲンの刀は広い可動範囲を持っていますが、左右は変えられず、逆に広すぎて自分自身に当たったり、お互いが干渉する可能性が高いです。

実際に動かしてみると見えぬ弱点も見えてくるもの。
↑箱。
必殺のファイブレードストーム(違)
管理人レビュー

 ZAムゲンライガーでした。ムラサメ、ハヤテと満足のアイテムでしたので、ムゲンライガーも期待通りでした。大刀が2本あるとポーズがカッコよく決まります。ここまで来るとバイオヴォルケーノが欲しいところですが、元が可動モデルのため登場は難しいかもしれません。後のブレードライガー、ジェノブレイカーが楽しみです。

ムゲンライガー データ

アニメ

ジェネシスに登場。

アニメではバイオケントロに対抗するため、「ムラサメの大刀が2本あれば」との願いに答えたエヴォルト。

キット

通常キットとホロテックモデルが存在。

大きく見えるムゲンライガーですが、キットでは意外にも小さくまとまっています。
ゲーム
ゾイドサーガDS、スパロボシリーズなどに登場。

 スパロボKでは機動力が低い代わりに、高い攻撃力と防御力を備えた最強形態。ムラサメライガーが出るゲームなら全てのエヴォルトが出るように思えますが、ゾイドゲームではムラサメライガーが出て、ハヤテ、ムゲンが出ないゲームが多いです。
ブック
ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

ジェネシスゾイド自体が書籍ではほとんど登場しません。
カード ゾイドカードコロシアムに登場。

コロシアムではハイパーレアカードの一角。
コレクション 本キットのみ




ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る