ZA ハヤテライガー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
ZA ハヤテライガー ライオン型 駆動なし 6800円
↑ZA ハヤテライガー。ZAムラサメライガーに続くモデル。本家が半完成品歩行キットで対象年齢6歳以上のためディティールが甘くプロポーションが悪かったですが、対象年齢15歳以上の無動力アクションフィギュアになることで、圧倒的なカッコよさを実現しています。定価6800円と高いですが、多くの方が満足できる出来だと思います。
↑顔。ムラサメ同様に口とコックピットが開閉します。
↑タテガミ。ムラサメよりは首が動きますが、ブースターに干渉するので可動範囲は狭いです。動かしにくいのは残念ですが、タテガミやブースターが大きくカッコいいので見た目優先でいいと思います。
↑足。ムラサメと同じく大きく動かせます。ハヤテライガーは両前足に刀を装備しているので重要なアクションポイントです。
↑HYTフィン。3枚のフィンが伸縮します。3枚同時でなく、1枚ごとに動かせます。
↑左のムラサメナイフと右のムラサメディバイダー。どちらもやや大きめになっていてカッコいいです。根元に可動部があり付け根は回転します。さらに外れにくくガシガシ動かせます。
↑ハヤテブースターが展開します。
↑ZAムラサメライガーとの比較。定価が1000円高いですが、十分なボリュームがあります。ハヤテライガーは小刀設定ですが、ZAではやや大きめになっているため、ムラサメブレードとムラサメディバイダーを比べても刃渡りにあまり差がありません。
↑ムラサメライガーとの戦闘イメージ。一見して速さと二刀流のハヤテが有利に思えますが、ムラサメには大刀の間合いと射撃武器があります。また、ハヤテの刀は前足に付いているので、つばぜり合いでは四足で踏ん張れるムラサメが有利に思えます。実際には同一機体のため戦うことはありませんが、想像すると楽しいものです。
↑箱。
ムゲンライガーが楽しみ!
管理人レビュー

 ZAハヤテライガーでした。ZAムラサメライガーの出来がよかったので、ハヤテライガーも満足のいくアイテムでした。値段は高いですが、オススメできるアイテムです。HMMと並んでZAシリーズも長期物になってほしいです。次回のムゲンライガーがとても楽しみです。

ハヤテライガー データ

アニメ

ジェネシスに登場。

ムラサメライガーからエヴォルトでハヤテライガーに進化する。

キット

通常キット以外にイトーヨーカ堂限定のスペシャルエディション、DVD−BOXのホロテックなど存在します。
ゲーム
ゾイドサーガDS、スパロボシリーズなどに登場。

 スパロボKでは対空性能を持っていて飛行ユニットを叩き落とすことが可能。
ブック
ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

ジェネシスゾイド自体が書籍ではほとんど登場しません。
カード ゾイドカードコロシアムに登場。

コロシアムではハイパーレアカードの一角。
コレクション 本キットのみ




ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る