ゾイドフューザーズ
ロードゲイル レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
FZ−007 ロードゲイル ガーゴイル型 駆動なし 1480円
↑ロードゲイル。ブロックスゾイドを指揮するガーゴイル型ゾイド。フライシザースとデモンズヘッドのパーツを流用していますが、パーツが足りないため分離はできません。逆にフライシザースとデモンズヘッドからの合体も不可。
↑エクスシザース。ハサミは付け根でギア部がかみ合っていて左右同時に開閉します。 ↑マグネイズスピア。劇中では先端が光り、敵をなぎ払うシーンが見られました。
↑コックピット。キメラゾイドでも有人機のためコックピットがあります。このコックピットはロードゲイル専用のもので、他のキメラゾイドには付属しません。
管理人レビュー

 ロードゲイルはブロックスゾイドの中でも格別に好きな1体です。人型に近く、全体的にカッコよさがあります。ゾイドフューザーズでの活躍はイマイチでしたが、ゾイドインフィニティゾイド惑星Ziでその強さを見せ付けてくれました。

ロードゲイル データ

アニメ

ゾイドフューザーズに登場。

 バードンの愛機として登場。アニメ内でのロードゲイルはユニゾンできないゾイドとして扱われ、他のユニゾンゾイドに比べて劣る印象が強かったです。

キット

 通常ブロックス版、フューザーズ版、イベント限定「ロードゲイルクリアバージョン」、妄想戦記「セイントゲイル」が存在。

 共通してカラーリングに違いがある程度で追加武装などはありません。
ゲーム
 ゾイドサーガシリーズ、ゾイドVSシリーズ、ゾイドインフィニティなど。ブロックスゾイドは登場作品が限定されていますが、フューザーズゾイドの恩恵を受けブロックスの中では多めの登場数となっています。

 ゾイドインフィニティにおいては、出の早い格闘、移動速度、高火力武器を備える強力な対戦向け機体。EXより特殊技の「マグネイズサンダー」が強化され、劣勢状態を一気に逆転できるほどの技となりました。ニビル市で建物に隠れてのマグネイズサンダーの発動は反則的な強さ。当時、最強機体とされたブラストルタイガーといえどその反撃を許さない。
 また、カスタマイズによりアタックブースターやビームガドリングを装備するため、もともとの形相に加えてさらに禍々しい姿となる。
ブック
公式ファンブック(4巻末)、ゾイド惑星Ziなど

 ゾイド惑星Ziではエーマ、インギが搭乗するボスゾイド。
カード ゾイドスクランブルで登場。

第1弾のアンコモンカード。そこそこのパワーと飛行能力を持っていますが、アタック、ブロックともにエナジー3つ必要とするため動きにくい。 
コレクション 特にありません。



ゾイド総合ランドトップに戻る