ライガーゼロシュナイダー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
CP−17
ライガーゼロシュナイダーユニット
ライオン型 モーター駆動 ユニット自体は
1000円
↑ライガーゼロシュナイダー。ライガーゼロにシュナイダーユニットを取りつけた格闘形態。シュナイダーとはドイツ語で仕立屋や仕立人を意味する。
↑頭部。5本のラッシングレーザーブレードは展開すると正面に揃うようになっています。左右上下のEシールドジェネレーターも展開、伸縮します。 
↑足、胴体。Eシールドの存在と高速移動のためか装甲は薄くなっています。
↑レーザーブレード。長めのレーザーブレードを展開。ブレードライガーのようにブレードを前面に向けたり、射撃武器は付属されていません。そのため、セブンブレードアタックも再現できません。
↑高出力イオンターボブースター。かなり小さなブースターを装備していて展開できます。
↑マルチセンサー兼スカウターポッド。フィンを展開できます。これ自体はブレードではなくあくまでセンサーです。
↑取扱注意。管理人のシュナイダーユニットの頭部パーツは取りつけの際に一度折れています。組み換え可能なCASではありますが、何度も付け替えするとタボが緩くなったり、外す際に折れてしまったりするので注意が必要です。特に顔の装甲は鼻先にはダボがなく、正面が外そうとすると折れやすいです。

ライガーゼロの格闘特化形態
管理人レビュー

 ライガーゼロシュナイダーでした。個人的にはCASではイエーガーが一番好きですが、シュナイダーも好きです。全身の刃物感は格闘好きにはたまらないデザインではないでしょうか?タカラトミー版では安全対策のためブレードは先端が丸くなっていますが、HMM版で鋭い刃物感が出ています。

3種合体!オリジナル ライガーゼロミックスへ

ライガーゼロシュナイダー データ

アニメ

/ゼロに登場。

アニメではイエーガーは攻撃力に乏しく、パンツァーは登場が遅いため、主力装備として活躍しました。初換装は第8話。

キット

カスタマイズパーツシュナイダーユニット、HMM版、限定モデルなど

HMMモデルでは改造なしでセブンブレードアタックが再現できます。
ゲーム
白銀の獣機神ライガーゼロPSゾイド2ゾイドフルメタルクラッシュゾイドタクティクスゾイドVSシリーズ、ゾイドインフィニティシリーズ、ゾイドサーガシリーズなどに登場。

 ゾイドインフィニティではブレードライガー、ライガーゼロイクスと並ぶブレード機体として登場。シュナイダーは他の2機に比べてブレードの判定が長く、展開できるEシールドの種類も選べる長所はありましたが、射撃力に乏しく利用者数は少なかったです。
ブック
公式ファンブック機獣新世紀ゾイドコマンダーテルゾイドバトラー雷牙ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

 コマンダーテルではテルが準決勝で使用したデッキの1体。プラズマ粒子砲に耐えて最後に「包囲陣形」を完成させました。
カード ゾイドバトルカードゲームゾイドスクランブルゾイドカードコロシアムの全てのカードゲームに登場。

 ゾイドバトルカードゲームではボリューム5に登場。格闘が700と高い半面、射撃は200しかなく、シュナイダーの特徴がよく出ています。
コレクション ゾイドコレクション可動王などに登場。

 可動王ではアニメのようなポージングはできますが、セブンブレードは再現不可。


ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る