バイオラプター(隊長機) レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
バイオラプター(隊長機) ヴェロキラプトル型 駆動なし 1000円
↑バイオラプター(隊長機)。定価1000円の無動力可動モデル。半完成品の胴体に各パーツを接続して完成するため、組み立ては簡単。ノーマル版との違いは色のみで、色が濃くなっています。しかし、実際のアニメの隊長機はもっと濃い色をしています。
↑顔。口が少し開閉。首も根元で少し動きますが、管理人のものは関節が弱く下に下がってきます。
↑肩装甲。肩の装甲は押さえるように配置されています。
↑足。膝の角度は固定で、付け根と足首が可動します。
↑コックピット。背中の装甲を展開すると出現します。アニメだとどこにあるのか不明でした。
↑尻尾。こちらも付け根が弱く、下に下がりやすいです。
↑パイロット。
↑サイズ比較。
↑説明書、ハガキ。半完成品にパーツを付けるだけなので、説明書を無くしても問題なく組みあがるほど簡単です。
↑箱。中古ショップから購入。年代物のため、箱が少しつぶれていました。箱を開けると半分ぐらいしか中身が無く、仕切り版も入っていないので箱がつぶれるのも無理ありません。これでもバイオラプターはまだマシな方で、バイオラプターグイはさらに中身が少ないです。
カッコいいけど高い
管理人レビュー

 バイオラプター隊長機でした。発売当初から高いと言われていただけに今でも定価1000円は割高に感じます。この手のアイテムは数で揃えたい人が多いと思うので、もう少し安いと購入しやすいと思います。箱を開けた時のがっかり感は覚えている人も多いのではないでしょうか?

バイオラプター データ

アニメ

ジェネシスに登場。

ディガルドの主力量産機として登場。

キット

ジェネシスキットのみ

通常機と隊長機の違いはカラーリングのみ。派生キットでバイオラプターグイが存在します。
ゲーム
ゾイドサーガシリーズ、スーパーロボット大戦K スパロボ学園などに登場。バイオゾイド自体が特殊であり、小型量産型のバイオラプターは登場数が少ないです。

スパロボKではジェネシスのストーリーを再現しているので、ディガルドの量産機として登場。特殊能力のバイオ装甲はリーオ武器以外を軽減しますが、基本性能が低いので、通常ユニットでも苦戦することなく撃破できます。
ブック
ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

バイオゾイドの登場数は少なく、ほとんどの書籍に登場しません。
カード ゾイドスクランブルに登場。

「無人機」の特性を持つため、パイロットカードが付いてなくても、アタック、ブロックに参加できるので便利。
コレクション 登場しません



ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る