ライガーゼロフェニックス レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
FZ−001
ライガーゼロフェニックス
ライオン型
フェニックス型
モーター駆動 3980円
↑ライガーゼロフェニックス。こちらはアニメに合わせたフューザーズ版。通常のライガーゼロに、アニメ仕様のフェニックス=ファイヤーフェニックスが合体しています。ちなみにフェニックスの綴りは「PHOENIX」で「F」を使用しません。説明では混同を避けるため、ファイヤーフェニックスとゼロフェニックスに分けて記載します。
↑頭部。ファイヤーフェニックスの3パーツが上と左右から挟むように付けます。
↑足&胴体。飛行のためか装甲は少なくなっています。
↑翼。大きな翼ですが合体の都合上、上下に角度を付けたり、折りたたむことはできません。翼中央部はAZショックカノンを装備。
↑AZショックカノン&チャージミサイル。ゼロフェニックス上部の武装でAZショックカノンは翼の中央部と同じ装備ですが、ゲームなどではこちらが「フェニックスキャノン」となり、別武器扱いされることがあります。中央のチャージミサイルは固定式。
↑尻尾。ファイヤーフェニックスの首部分がそのまま接続されます。可動はありません。
↑ファイヤーフェニックス。共和国版ライガーゼロフェニックスではブロックスゾイドは単にフェニックスと呼ばれていましたが、アニメの設定に合わせてファイヤーフェニックスの名称になっています。
↑頭部&胴体。 アニメでは無人機の設定ですが、コックピットが存在します。口も開閉します。クチバシと頭のクリアパーツとかなり外れやすいので接着した方がいいでしょう。胴体はコアブロック2個と通常ブロック5個で計7個のブロックスを使用しています。
↑足。アニメでは足を後ろに倒して飛行していることがほとんどですが、キットはジョイントの関係で後ろに倒すことはできず、足首のみ少し動かすことができます。足の裏側にはAZショックカノンの砲身が格納されています。 
↑尻尾。ゼロフェニックスの頬部と後肩に装着するパーツが組み合ってできています。 根元で少し角度を付けられます。
↑ライガーゼロへの合体。ゼロフェニックスへの合体は外部のジョイントパーツを使用します。合体の手順はCAS3種に比べてパーツ数は多くありませんが、ファイヤーフェニックスを分解して組み替える必要があるため少し複雑です。

ライガーゼロ自体のレビューはまた別ページに作ります。

アニメだとさっぱり射撃をしてくれません。
管理人レビュー

 ライガーゼロフェニックスでした。合体の仕方はやや無理矢理感がありますが、余剰パーツなく合体することができます。アニメだとファイヤーフェニックス自体を少し動かすと合体できるイメージがありますが、実際の合体は外部ジョイントや組み替えを必要とするため少し複雑です。

ライガーゼロフェニックス データ

アニメ

フュザーズに登場。

フューザーズの前半の主人公機でアニメオリジナルでダイビングレーザークローやEシールドを展開します。ファイヤーフェニックスは無人機の設定でRDのピンチにどこからともなく現れて合体します。

キット

共和国モデル、フューザーズモデルなど

共和国モデルのゼロフェニックスは合体するフェニックスはブルーカラーで、ライガーゼロも全体がブルーカラーになっていて、合体時に統一感があります。
ゲーム
ゾイドフルメタルクラッシュゾイドタクティクスゾイドVSシリーズ、ゾイドインフィニティシリーズ、ゾイドサーガシリーズなどに登場。

 ゾイドインフィニティではライガー系ゾイドで対戦数500回以上かつ勝率5割以上の准将のみが搭乗を許される隠し機体。格闘、射撃、スピードを持った強機体ではあるが、防御力が低く、必殺技を持たないため、同搭乗条件のエナジーライガーと比べて弱く見られがち。
ブック
公式ファンブック、、ゾイドエンサイクロペディア鉄魂などに登場。

 鉄魂では3巻で鉄魂自身がが本物のゾイドに搭乗する時の機体がゼロフェニックス。
カード ゾイドスクランブルゾイドカードコロシアムに登場。

 カードコロシアムでは初代よりレアカードとして登場。チャージ攻撃はダイビングレーザークロー。
コレクション バトルモデル、アートモデルなどに登場。

 ほとんどアニメカラーでのラインナップ。


ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る