エナジーライガー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
EZ−072
エナジーライガー
ライオン型 モーター駆動 4000円
↑エナジーライガー。最大の特徴はゾイド初となるエアアクションを搭載した定価4000円のモーター駆動ゾイド。本来の設定の2つの動力をモーターとエアアクションで再現しています。外形のカッコよさ、劇中の強さから非常に人気のあるゾイド。大好きなゾイドの1体。
↑顔。目の部分はクリアパーツですが、赤い装甲部分の影になるため見えにくいです。コックピットは目の部分ではなく、少し後ろにあります。グングニルホーンがカッコいいです。モチーフはライオン型ですが、角と羽があるために幻獣に見えます。
↑ウイング展開。
↑足。爪はストライククローではなくエナジークロー。体格がずっしりしているためにあまり気になりませんが、他のライガータイプと比べると少し短足です。
↑エナジーウイング。エアアクションなしでも一時的に展開可能。設定ではエナジーチャージャーが発した熱エネルギーをウイングに蓄積し、放出しながら斬りつける「ウイングスラッシュ」が必殺技。短時間なら飛行も可能である。
↑エナジーチャージャー。目玉となるエアアクションを持つ動力部。スイッチとエアチューブの切り替えにより、歩行アクションとエアアクションを展開する。
↑尻尾。根元で可動しますが、かなりキツイです。先端のハードポイントには武装を取り付けることができます。
↑2連装チャージャーキャノン(ゲームではエナジーキャノン)。エアチューブを繋ぐことで、2つの砲身が前後に可動します。
↑チャージャーガドリング(ゲームではエナジーバルカン)。こちらもエアチューブを繋ぐことで、砲身が回転します。カッコいいのですが、中央部にビスの頭が見えるのが残念。
↑スタンブレード展開。ブレードライガーやシュナイダーのように展開可能で、長さの違う2枚ブレードが特徴的です。個別に角度調節はできません。
↑ディスプレイ台座。ゼロフェニックスと同じく専用ディスプレイ台座が付属します。個人的にエナジーライガーはウイングは付いていますが、地に足を付けた状態でディスプレイしたいです。
↑エナジーチャージャー。エアアクションを取るためか最初から完成しています。
↑ジャバラユニットとエアユニット。こちらも完成品した状態で入っています。
↑ブロックス接続ジョイントパーツ。ゾイドキャップの上にかぶせることで、ブロックスとの接続を可能にするジョイントパーツ。
↑パーツ一式と組み立てレベル。エアアクションの都合上、完成済みパーツが多くなり、定価4000円のゾイドですが、簡単に組みあがります。
↑説明書とシール。ゾイド内でも珍しいフルカラーの説明書。さらにバトストでの活躍も記載されています。
↑カタログ。当時は従来のゾイドからブロックスへの切り替え時期であり、ブロックスを受け入れられないファンも多かったです。
↑箱。カッコいいデザインのパッケージ。4000円ゾイドですが、完成済みパーツが多いため、箱の大きさはジェノブレイカーの箱と大差ありません。
最強のライガータイプ
管理人レビュー

 エナジーライガーでした。大好きなゾイドであり、アニメ、バトスト、ゲームで圧倒的な強さを発揮しました。エナジーチャージャーによる動力源は他のゾイドの追随を許しませんでした。カスタマイズバリエーションにブロックスを取り入れたエナジーレイライガー、エナジーストーム、スティルエナジーなどが存在しますが、個人的にエナジーライガーはノーマルのままでいて欲しいと思うのは管理人だけでないはず。

エナジーライガー データ

アニメ

フュザーズに登場。

初登場時にはエナジーキャノンの一撃で、ユニゾンしているバスターフューラーとマトリクスドラゴンを仕留めている。作中では最強候補の1体。

キット

帝国キット、フューザーズキット

フューザーズ版では黒をメインとしたカラーリングに変更されています。
ゲーム
ゾイドタクティクスゾイドVSシリーズ、ゾイドインフィニティシリーズ、ゾイドサーガシリーズなどに登場。バトスト終盤の登場ですが、主要ゲームには登場しているので認知度は高いです。

おそらく最もエナジーライガーの名が知れた初代ゾイドインフィニティでの活躍はこちらから
ブック
公式ファンブック鉄魂ゾイド核闘技ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

鉄魂では直接は登場していませんが、主人公の鉄魂が知らないはずのエナジーライガーのエアアクションを思いつきジオラマに取り込みました。
カード ゾイドスクランブルゾイドカードコロシアムに登場。

コロシアムではスーパーレアカードの一枚。ブレードライガー、ライガーゼロがノーマルカード止まりの中で別格の扱いを受けました。
コレクション 登場しません




ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る