デススティンガー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
EZ−036
デススティンガー
海サソリ型 モーター駆動 3000円
↑デススティンガー。定価3000円の海サソリ型ゾイド。モーター駆動で歩行し、連動して腕と鋏と牙を動かし、目を光らせます。二つのモーターを内蔵し、ゾイドコントローラーで前進、後退が可能な新型ゾイド。
↑頭部。コックピットは装甲を展開することで出現。歩行時には目を光らせ、レーザーファングも連動します。Eシールドジェネレーターは手動で展開。
↑腕。ストライクレーザーバイトシザースは歩行に連動して開閉、腕を動かします。左右で対称の動きを取るため、自由なポージングはできません。
↑収納式AZ105mmリニアキャノン&レーザーカッター。装甲を展開してリニアキャノンが出現。さらにレーザーカッターも可動します。
↑足。8足全てが連動して動くので手動での可動はできません。
↑AZ930mm2連装ショックガン。背部の武装で電池ボックスの役割をしています。単3電池2本の形を見事に大型キャノンとして再現しています。
↑後ろのハサミ。本来の海サソリの遊泳脚をアレンジしたもので、ハサミと根元のみ可動します。
↑荷電粒子砲。上下左右を展開して発射形態へ以降。歩行バランスのため、砲身を左右に動かすことはできませんが、尻尾の根元から上方向に動かすことはできます。荷電粒子砲の左右の武装は外側がAZ120mmハイパーレーザーガンと内側がAZ120mmハイパービームガン。
↑海サソリモード。尻尾の装甲を展開し、後ろに倒すことで海サソリ形態へ。かなりの大きさ

アニメの無双っぷりが恐ろしい
管理人レビュー

 まず「海サソリ」って何?と当時に思ったゾイドでした。海サソリは4億6千年前に存在した史上最大級の節足動物です。大きいものでは全長2m以上に達し、天敵が存在せず捕食者の頂点に君臨していたと言われています。デススティンガーの巨大さ、強さもここから来ています。
 そのゾイドのモチーフになった生物の特徴を理解するとよりゾイドのデザインが納得でき面白いものです。…全長2m以上のサソリって想像すると怖いです。

デススティンガー データ

アニメ

ゾイドGF編/ゼロに登場。

 初代アニメでは高度11万キロから落ちても無傷の上、溶岩の中でも活動可能でニューヘリックシティを崩壊させた恐怖の存在。/ゼロでは尻尾のみの登場。

キット

帝国キット、ZS、HMM版が存在します。

これのHMM化は嬉しかったです。
ゲーム
白銀の獣機神ライガーゼロPSゾイド2ゾイドギアゾイドバトルカードゲーム西方大陸戦記ゾイドフルメタルクラッシュゾイドタクティクスゾイドダッシュゾイドバトルコロシアムゾイドVSシリーズ、ゾイドインフィニティシリーズ、ゾイドサーガシリーズなどに登場。

 ゾイドインフィニティではCPU専用の巨大ボスとして登場。ストーリー1話のラストを締めくくるボスゾイドでプレイヤーの搭乗ゾイドによっては鬼門となる存在。近接での格闘、衝撃波が強く、距離を取っての戦闘がポイント。
ブック
公式ファンブック機獣新世紀ゾイドゾイドバトラー雷牙ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

 機獣新世紀ゾイドではハンナの愛機。ゼロ素体VSデススティンガー戦は迫力のバトル展開。
カード ゾイドバトルカードゲームゾイドスクランブルゾイドカードコロシアムの全てのカードゲームに登場。

  ゾイドバトルカードゲームでは砂、水適正のL型ゾイド。尻尾の構造を考慮して射程は正面と背面にあり、どちらでも荷電粒子砲を撃つことができます。
コレクション ゾイドコレクションなどに登場。

200円の店頭販売モデルでは海サソリ形態でラインナップ。


ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る