月刊コロコロコミック1999年9月号 レビュー

↑月刊コロコロコミック1999年9月号。中古ショップで購入できた当時物。1999年の8月15日に発売

<

ゾイドのページへ

↑ポケモン金銀情報。新ポケモン情報が記載されています。アニメではホウオウが1話から出ましたが、ゲームの情報としては発売近くになって掲載されました。ただし、この時点でもホウオウのタイプは不明のままでした。
↑ビックリマン情報。シールは第2弾の発売も決定し、アニメ化も決定。アニメはゾイドと同じくCGを使ったものでした。
↑ミニ四駆情報。漫画レッツ&ゴーMAXも終わりが近く、カラーページのミニ四駆情報も少なくなってきました。
↑ビーダマン情報。ミニ四駆もそうですが、コロコロ掲載の改造例に憧れて真似しようと頑張りますが、子供には技術が足りずほとんど再現できなかったあの頃。爆外伝はアニメよりも早くビーダキャリバーが掲載されました。
↑Gマスタールアー。スケーティンファルコにファルコニックワームを付けるテクニックが紹介されました。Gマスタールアーは1200円〜1500円と高く、子供は手を出しにくかったです。
↑マジックザギャザリング情報。赤と青のオススメカードが紹介されました。当時は対抗呪文がスタンダード落ちするとは想像できませんでした。現在はクリーチャーの質は上がっていて、火山のドラゴンも大気の精霊も多くの上位互換カードが登場しています。
↑プリクラ機の紹介。当時は人数設定、書き込み、写真補正などの機能もなく、1回300円のシンプルなものでした。



↑うちゅう人 田中太郎。巻頭カラーを飾ったギャグマンガ。
↑超速スピナー。ポルックスとの対戦。自分の限界を超えることはできるのか?
↑学級王ヤマザキ。宿題が終わらないヤマザキが取った行動は?
↑デュエルマスターズ。明らかな対人メタで戦う透。ビートダウンに対して神の怒りはいいのですが、この画像だと神の怒りが赤のカードに思えてしまいます。実際には白を代表する全体除去カードです。
↑K-1 ダイナマイト。翔矢との戦いの話。
↑ビックリマン2000。次界卵を探すため御神籤仙人に会う話。さらにバカラ軍曹も再び登場。
↑ポケットモンスター。今回はハクリューの首と尻尾の玉に3億円の価値があり、レッドとピッピが目論む話。写真の最後のコマだとミニリュウを連れて行くのは荷が重いとレッドが悩んでいますが、当時読んでいた方なら次のコマでのレッドの行動がなんとなく分かりますね(笑)
↑スーパーマリオくん。
↑星のカービィ。カービィの漫画は多数でありますが、やはり本作が真っ先に思い浮かびます。
↑ベイブレード。後に大ブレイクを引き起こすホビー。漫画は今回より新連載されました。
↑サルゲッチュ。月刊コロコロの掲載は今回で一度お休みとなり、別冊コロコロに移動しました。次回からは同じ作者のクラッシュバンディクーが再開しました。どちらもギャグが面白かったです。
↑スーパーボンバーマン。見事に連載6周年。むさボンが出てくると面白かったです。
↑スーパービーダマン。バーニングアトラスのハンマーショットで追い詰められる中、コンバットフェニックスにキャノンを付けて完成するシーン。このバトルのハンマーショットの描写は実際のビーダマンに大きな影響を与えました。
↑レッツ&ゴーMAX。アニメだとネロのディオマースがマースグラビティで重力を発生させ、コースごと破壊してくるので、漫画のディオマースが地味に見えてしまいます。今回でルーキー戦が決着し、次回で最終回になります。
↑グランダー武蔵EX。当時はスパイラルキャストはオリジナルの技だと思っていましたが、実際のキャスティング方法でした。ただ、本来は狭い場所でロッドを軽く振って飛ばすキャスティング方法で、漫画のようにロッドを大きく振ったり、竜巻は発生しません(笑)
↑ドンキーコング。今回より新連載の漫画。
↑チョコボのふしぎなものがたり。チョコボはゲームは持っていなかったのですが、キャラクターが魅力的で毎回読んでいました。今回は雪山のまもの登場の回。ちょっと怖いです。
↑ゴーゴー!ゴジラ マツイくん。申し訳程度の野球要素ではありますが、毎回面白く笑わせてもらいました。
↑コロコロファンクラブ。巻末の読者投稿コーナーで、もしもイラスト、リアルイラストは見てて面白かったです。左上のパロディイラストのエロンダー武蔵が妙に記憶に残っていました。

ゾイドのページへ


ポケモン金銀はまだか〜




コロコロコミックレビュートップに戻る