月刊コロコロコミック1999年1月号 レビュー


本誌の記事へ

ポケモン記事へ


↑スモールソルジャーズ。キャラクターグッツプレゼント。
↑漫画スモールソルジャーズ。今回で最終話。全3話と短かったですが、とても面白く未だに記憶に残っている人も多いのではないでしょうか?私は当時は上山先生のことを知らず、連載時の半年後の1999年6月号から新連載となった「機獣新世紀ゾイド」で再会することが出来ました。絵に迫力があり、ゾイド漫画の作者に選ばれたことがとても嬉しかったです。世代は限定されますが、私にとってはゾイドの前世と言える漫画でした。

ちなみにジュンに股間を蹴られた社長の顔は読者ハガキコーナーの合体漫画で採用されました。
↑コミックス情報。てんとう虫コミックススペシャルとして単行本化が決定しました。



↑こちらがそのコミックスなのですが、入手困難になっています。定価800円なのですが、プレミアが付いていて

万単位の値段になっています。しかし、あくまで一部のネットショップの値段ですので、オークションや古本屋を探してみるのがいいと思います。



↑ちなみにコミックスにはコロコロ未掲載の書き下ろしシーンが10ページ程あります。2話中盤と最終話のその後が追加され、アーチャーたちとの別れが描かれています。どのような形になるのかはコミックスを確認して見て下さい。

本誌の記事へ

ポケモン記事へ





この半年後に僕は機獣新世紀ゾイドに出会った





コロコロコミックレビュートップに戻る