月刊コロコロコミック1998年1月号 レビュー

↑月刊コロコロコミック1998年1月号。中古ショップで購入できた当時物。1997年の12月15日頃に発売。

<


※この号にはゾイド情報は記載されていません。当時の状況を確認のためご覧ください。

↑ポケモンカードのロケット団は上級者向けでした。
↑ポケモンフルカラーコレクション。持っていた人なら分かりますが、ボール同梱キャラとオムナイトが当たった時の優越感。
↑ポケモン情報。ポケモンアイテムで溢れていた当時。
↑ミニ四駆情報。次世代のスーパーXシャーシ登場。これのモーター交換の優越感は使った人なら分かるはず。
↑ビーダマン情報。ケーニッヒケルベロスの機能の充実感は異常。
↑ゲーム情報。
↑バスフィッシング情報。Gスケルトン登場。
↑ドラえもん情報。帰ってきたドラえもんは泣いてしまいます。
↑ヨーヨー情報。ハイパーレベルのトリックが詳しく掲載されています。
↑デジモンとたまごっち情報。デジモン初代ではメラモンやエアドラモンに一度もならなかった当時。
↑バーチャルマスターズ情報。
↑レゴブロック情報。南海の勇者とお城シリーズが好きでした。
↑次世代ワールドホビーフェア。



↑ポケットモンスター。巻頭カラー。
↑ドラえもん のび太の南海大冒険。
↑ドラえもん秘密百貨
↑超速スピナー。
↑スーパービーダマン。VSキングビーダーズの決勝戦開始。
↑クラッシュバンディクー。
↑レッツ&ゴーMAX。
↑ミニ四ファイターV。
↑たまごっち。
↑やったね ラモズくん。
↑スーパーボンバーマン。
↑スーパーマリオくん。
↑星のカービィ。
秘密警察ホームズ。
↑超魔人英雄伝ワタル。
↑グランダー武蔵。BBは強かったです。
↑ゴヨーダくん。
↑コロコロランキング。ミニ四駆とビーダマンとたまごっちが何とかランクインしていますが、あとはポケモンが独占します。
↑テレコロ。12月16日のポケットモンスターは「でんのうせんしポリゴン」。これがポケモンショックを生むことになるとは誰も知らないのであった。
↑学級王ヤマザキ。
↑うんポコ。
↑ゴーゴー!ゴジラ マツイくん。
↑駆けろ!大空。
↑コロコロファンクラブ。
↑次号予告。ミニ四駆情報が少なくなって、ビーダマンが上がってきました。
↑最終ページの通販。毎回見るのが好きでしたが、大半は買って貰えませんでした。
 
1997年12月16日 ポケモンショック

みんなは大丈夫だったか〜?




コロコロコミックレビュートップに戻る