ブレードライガー レビュー

名前 モチーフ 駆動 値段
RZ−028
ブレードライガー
ライオン型 モーター駆動 2200円
↑ブレードライガー。ご存じ初代アニメの新主人公機で定価2200円のモーター駆動ゾイド。アニメではシールドライガーから進化したゾイド。キットもシールドライガーのパーツに新規パーツを加えて新ゾイドとしています。中古ショップで購入しました。2003年の再販版と思われます。
↑顔。コックピットは発売当初よりキレイに閉まらず浮いてしまいます。付属のバンとフィーネを乗せることができますが、中で動いて見栄えが悪くなります。レーザーサーベルはダイキャストパーツを使用しています。年数の経過か開封時からレーザーサーベルの塗装が割れてヒビのように見えます。
↑彩色済みパイロット搭乗。ガチャポンの彩色済みパイロットを乗せると引き締まります。
↑Eシールドジェネレーター。上下左右で展開します。ウサギの耳のように見える部分は固定式です。
↑武装。腹下にAZ2連装ショックカノンとレーザーブレード。
↑ロケットブースター展開。アニメのように展開することが出来ます。展開ギミックのみで緊急回避のようにブースターを真横に向けたり、角度を付けることはできません。
↑ストライククロー。レーザーサーベルと同じくダイキャストパーツを使用しています。旧ゾイドのディバイソンでも使われていたパーツですが、当時ではブレードライガーの力強さを感じました。
↑コンプリッションリフジェネレーター。こちらもアニメのように展開します。
↑尻尾。シールドライガーより長く、付け根がきつくなっています。先端の3Dデュアルセンサーは固定式。
↑レーザーブレード展開。真横に展開すると前肩のジェネレーターに当たるので、展開時は動かして戻します。ブレードを頻繁に展開することを考慮してあり、腰部分の付け根は外れにくくなっています。
↑ブレードを前面に展開。初代アニメの「宿命の対決」でジェノザウラーの荷電粒子砲に対して真正面から突撃した形態。アニメでは名称がありませんでしたが、スパロボOEでは「ストライクブレードアタック」と呼ばれ、ブレードライガーの最強技となりました。
↑ブレードを顔側にセット。アニメではブレードのパルスレーザーガンを撃つ時の形態。漫画の上山版ではジェノザウラーの荷電粒子砲に対して、こちらの形態で突撃しました。
↑余剰パーツ。シールドライガーからの流用ランナーなので余剰パーツが出ます。
↑塗装済みランナー。今では珍しくない技術ですが、発売当時は塗装済みランナーが入っていることに不思議な優越感がありました。こちらは再販版と思われます。初期の白塗装はツヤが強かったです。また、青のランナーの成形色も色が薄かったです。
↑ダイキャストパーツとフィギュアランナー。
↑説明書、シール、Zポイントなど。
↑箱。次世代を担う躍動感溢れる写真。背景に移っているゴジュラスはアニメ1話でバンが登った遺跡
君はライガーの復活を目撃する
管理人レビュー

 ブレードライガーでした。ジェノブレイカーと同じく管理人をゾイドファンに導いた一体。15年の時を超えても決して色あせることのないカッコよさ。発売当時に購入したものは破損していましたが、中古ショップで見つけることができました。当時はまだ携帯電話やデジカメも普及しておらず、インターネットも次のページに行くまで何秒も待っている時代でした。15年後高画質な写真を掲載できてよかったです。

ブレードライガー データ

アニメ

ゾイド(無印GF編)、/ゼロフュザーズに登場。

初代ゾイド新主人公機として最終話まで活躍しました。

キット

共和国キット、ミラージュ、ブラックインパクト、HMM版、限定版など多数で登場しています。

カスタマイズパーツのアタックブースターは定価300円でしたが、生産数が少なく、ブレードライガー本体よりも高いプレミア価格になりました。
ゲーム
ほとんどのゲームに登場。初代新主人公機ということもあり、旧機体のみのゲーム以外では必ず登場します。

初代ゾイドインフィニティでは初期3強の一角とされ、主人公機ということもあり、圧倒的なプレイヤー数を誇りました。後の修正でブレードアタック時のEN消費が大幅に大きくなりましたが、稼動停止の最後まで人気機体でした。
ブック
公式ファンブック機獣新世紀ゾイドコマンダーテル鉄魂ゾイド核闘技ゾイドバトラー雷牙ゾイドエンサイクロペディアなどに登場。

荷電粒子の特性上、主人公と敵対するキャラが使うことが大半です。
カード ゾイドバトルカードゲームゾイドスクランブルゾイドカードコロシアムの全てのカードゲームに登場。

 ゾイドバトルカードゲームではブレードライガーの特徴を活かしていて、正面からのダメージを軽減し、側面攻撃の威力が増しました。
コレクション ゾイドコレクションゾイドヘッドコレクションなどに登場。

ゾイドヘッドコレクションでは通常版とブラックインパクトがラインナップされました。




ゾイドアイテムレビューエリアトップに戻る