ゾイドを出品しよう!
出品例 ジャンク品
  オークション参加方法へ
オークション取引連絡へ
出品手続きへ
オークション出品例 未開封品へ
 今回はヤフーオークションでの出品時のポイントについて説明します。ゾイドサイトですのでゾイドメインの内容になっています。

 万人向けの内容になっていて、記載の通りにやったからといって高額落札を保障するわけではありません。必要に応じて変えてみてください。





ジャンク品(中古品)では未開封品と内容が異なりますので相違点を紹介します。以下商品情報入力画面



「タイトル」 必須
ジャンク品の場合タイトルの時点で「ジャンク」、「中古」といった単語を入れてしまいましょう。複数のゾイドキットをまとめて出品の場合は「ゾイドジャンクセット」や「10体まとめて出品」などと記載してアピールします。タイトルは文字数が限られますので出品物のメインとなるゾイドの名前を入力します。

例としては
「ゾイドジャンクセット 10体出品 ブレードライガー 即決」
計28文字でタイトルに収まります。

「説明文」 必須
ゾイドキットで組み済みなら「組み済み」。破損、欠品ありのジャンク品なら「ジャンク品」としっかり記載します。同じジャンク品でも箱、説明書、シール、換装パーツ、付属カードなどの有無で評価は大きく変わります。破損箇所や紛失パーツも記載したほうがいいでしょう。

例としては
「ゼンマイ歩行には問題ありませんが、尻尾が破損しています。」
「大きな破損はありませんが、素人作成ですのでご了承ください」
「換装パーツの○○○のところが欠品しています。」
「付属品は写真に写っているものが全てです。」

…などの記載があると入札側にも分かりやすいです。

難点を故意に記載しない出品は後でトラブルになりますので絶対にやめましょう。


「価格設定」 必須
当然、未開封品より大幅に安く落とされます。一部の限定ゾイドや入手困難な人気ゾイドでない限り、定価の4分の1以下です。単体では送料の方が高くなることが多いのでまとめて出品するなど工夫しましょう。

「送料負担」 必須
送料負担は落札者でも出品者でも構いませんが、落札者負担の場合は発送方法はできるだけ安いもので対応しましょう。安さが全てではありませんが、ジャンク品や中古品の送料は安く済ませたい人が多いです。
 商品価格が安くても、発送方法が高い発送手段1つだけしか受けないオークションはなかなか入札されません。

「商品の状態」 必須
「中古品」(補足でジャンク品)としっかりと入力します。間違って「新品」で入力しないように注意。

画像のアップロード
必須といえます。文章だけでは難点の説明に乏しいので実際の写真でよく分かるように掲載します。説明文でも記載しましたが、難点を故意に隠すような写真はトラブルの元なのでやめましょう。


それでは出品時のポイントを抑えたジャンク出品の例を見てみましょう。




↑出品物コマンドウルフLC ジャンク品のトップ画面。タイトルにジャンク品と入れているので検索時にすぐに分かります。



↑出品物の掲載写真。欠品部分がよく分かるように画像を多く掲載しています。


↑こちらが出品物の詳細画面。紛失部分の右後部のマフラーの名称は「スモークディスチャージャー」ですが、固有名詞で説明するより、部分的な名称の方が分かりやすい場合もあります。


ただ、実際この値段でコマンドウルフLCのジャンク品を単品で出品してもほとんど入札されずに終わります。

…実際のオークションを見ると分かりますが、単体でのジャンクゾイドはウルトラザウルスなどの大型ゾイドやシュテュルムテュランなどの限定ゾイドでない限りはそうそう入札されません。送料は基本的に相手が払うので複数のゾイドをまとめて出品するといいでしょう。

 逆に本体が破損、欠品していてもジェノブレイカーのエクスブレイカーやウェポンバイダーなど改造パーツとして重宝するものは価格にも寄りますが入札される可能性があります。



ゾイドオークションエリアに戻る