ゾイドバトルカードゲーム
基地カード紹介

PS版 ゾイドバトルカードゲーム 西方大陸戦記へ

スターターパックより基地ルールがありましたが、ゾイドを無視して移動力の高いゾイドばかり利用して基地破壊ゲーとなったため、途中から特殊な能力を持った基地が登場しました。しかし、HPが低く実践では使いにくかったです。最後には基地有りルール自体がオプションになりました。


←共和国、帝国基地


スターターパック付属の基地。HP3000と高いように見えますが、基地は移動、攻撃、反撃、防御などの手段がないため、集中して一方的に攻撃されます。このHPでもすぐに撃破されてしまいました。

基地ルールなしで実際にプレイすると敵ゾイドの全機撃破になることは珍しく、時間内に終わらずHP差などで決着となることがほとんどです。

この基地をベースに下の特殊な基地が登場しました。しかし、どれも特殊能力を持った分、HPが低くなっていてさらに使いにくくなっています。

←軍事基地(HP2500)


攻撃可能な基地として登場。射撃力200の射程3で攻撃できるようになっていますが、ほとんど役に立ちません。反撃のみ可能であり、格闘攻撃に対しては無意味であり、そもそも反撃できたとしても、相手の攻撃は1000前後で撃たれるのに対して射撃200では焼け石に水レベル。
←移動基地(HP2000)


必要に応じて移動できる基地。しかし、役に立たないです。移動力2しかないので、ほとんど特性を活かせないです。HPがさらに低くなっていて2000しかないので、そのまま集中砲火で撃破されます。
←浮遊基地(HP2000)


空中を浮遊しているため格闘攻撃を無効化した基地。しかし、遠距離射撃には何も出来ず、ただのHPの低い基地でしかないです。

どうせならバリアを張っていて射撃攻撃無効の基地の方がよかったと思います。
←海上基地(HP2000)


水地形の上に配置できる基地。やはり遠距離射撃で落とされます。ノートマップ以前のルールでは水地形は水適正ゾイド以外は侵入不可なので、マップによってはいいかもしれません。

しかし、ほぼ全面水地形のようなマップなら相手も水適正ゾイドになると思うので、ほとんど意味がありません。
←分割基地(HP各1500)


本来の基地HP3000を2つに分割、両方を撃破されなければ負けない設定。好きな方からゾイドを出撃できるので、特殊基地の中ではまともな基地。片方を捨てて敵基地を狙うなどの作戦が取りやすいです。

←整備基地(HP1500)

本当に使えない基地

味方ゾイドを回復できる基地。回復量も少なく、基地自体のHPが低すぎて最悪、一撃で撃破されます。本来の基地のHP半分では、移動や反撃能力があったとしても使われることはないでしょう。


他に所持していませんが、「戦略基地」というWR3でL型が装備可能なカスタムカードを装備できる基地がありましたが、HP1800と低いため使いにくいと思います。



ゾイドバトルカードゲームに戻る