ゾイドカードコロシアム プレイ時の注意

ジャンル カードゲーム   機種 アーケードゲーム オススメ度 ★★★

ゾイドカードコロシアムをプレイするときの注意

対象年齢が低いので、対象年齢外の人がプレイするときの注意点を掲載します。

画面が低い
 対象年齢を小学生ぐらいに取っているので画面が非常に低く設定されています。これはゾイドだけでなくムシキングなどでも共通の作りになっていますが、対象年齢外の人がプレイすると見にくくて仕方ないです。ゲームセンターなどではイスが用意されているところもありますが、デパートなどでは用意されていません。…あったとしても小学生サイズ(座ると逆に足が疲れる)なので、中腰にしてプレイするか、見にくいながら経ったままプレイしなくてはいけません。
 中腰だと画面は見やすいですが、その姿勢をキープするのは辛く大変疲れます。身長にもよりますが、中腰よりは立ったままの方が見にくいですがやりやすいでしょう。
 ちなみに管理人の身長は175センチ前後ですが、この身長でも画面を見下ろすような角度になるため、見にくくて目が疲れます。長身の人はイスのあるゲームセンターなどでのプレイの方がいいかもしれません。

コイン投入口が低い
 やはり低く設定されているので入れにくいです。このゲームは連コインを受け付けないため、自分ひとりで他の客がいないときでも1枚ずつ100円を入れないといけないです。連続でカードを買う場合も 100円を入れる→(※タイムラグ後に)黄色ボタンを押してカードを買う→カード排出→100円入れる…を繰り返さなくてはいけません。

 ※タイムラグとは…このゲームは100円を入れてもすぐにはメニューが表示されず2、3秒のタイムラグがあります。この間は色に関係なくボタン操作を受け付けません。さらにメニューを表示されるのに色に関係なくボタンを1回押してから初めて、「ひとりでバトル」、「ともだちとバトル」、「カードを買う」のメニューが表示されるので、この時間が無駄に感じます。

カード排出口が低い
 これは低くてしょうがないです。イスに座っていると逆に排出されたカードを取り出す動作で疲れます。カードを大量にストックするため構造上、仕方ないのですが、あれでは対象年齢の子供たちでさえ取り出すのに前かがみになる動作で手間がかかるので、改善して欲しいです。
 ボタンが付いている位置の横からでもカードが排出された方が使い勝手がいいと思われますが、筐体の大きさも関係して現在はあの位置なのでしょう。やはり横に大きくなると設置場所の問題が出てくるのであの位置がいいようです。

 ちなみにカードが排出されカードを取り出しても、しばらくは100円を受け付けず戻ってきてしまうようです。連続でカードを買う場合は結構、この時間も無駄に感じます。

1ゲームが長い
 これは全ての人を対象にしたことですが、このゲームは1プレイの時間が明らかに長いです。上級編で4ラウンドなのですが、一つ一つの動作が長く、基本的にスキップ不可なので、ゲーム進行が遅く、他のゲームに比べて飽きやすいかもしれません。ゲームの進行速度を改善して欲しいです。

←コマンドウルフ(アーバイン仕様)。コマンドウルフからバリエーションチェンジで登場する機体。稼動当時、放送していたジェネシス系は少なく、4年以上前の初代アニメのゾイド、キャラクターが多く登場しました。ある程度の年齢の人には嬉しい反面、本来対象の小学生は覚えているのだろうか?と疑問に持つことが多かったです。

 写真はゾイドミニコレクションのコマンドウルフ。定価1500円の共和国セットに入っています。


ゾイドカードコロシアムトップに戻る