バトルカードハンター 管理人引き記録

 このゲームは1プレイ100円ですが、特定のカードは万単位の出費が必要となり、それでも入手できない場合があります。確率は途中で変更になる場合がありますので参考までにお願いします。また、機械のエラーなどの場合は無しとします。

※稼働中の最新弾のカードは掲載しません。

↑覚醒ワイルドライガーキャンペーンカード

イベントの実装日とその翌日で2万以上使って出てこなかった。同じアイコンでノーマル〜スーパーレアもあるので、勝利ボーナスでは判別できず掘るしかなかったです。覚醒ワイルドライガーの発掘アイコンが3つ出て全てノーマルだったのはいい思い出(?)

 他のキャンペーンカードやアーマーキャンペーンは引けているのですが、なぜかこれだけさっぱり出ませんでした。
↑ブレードライガーミラージュ

第3弾の隠しボスで信じがたいドロップ率を誇る鬼畜ボス。名前の通り蜃気楼(ミラージュ)かと思うほど出ない。前弾の紫龍に比べて明らかに出にくく、解放後に100回ぐらい戦う必要あり。管理人もギリ100行かない程度で出ました。ただ、これはまだマシな方で200回以上でも全くドロップしない人もいる程。おまけにミラージュと戦うと乱入ボスのカードは入手不可確定なので、単調作業がとても厳しかったです。

実際に出した人しか分からないですが、ミラージュのアイコンが出た瞬間の解放感は異常。大人をターゲットにしているとはいえ、あまりに出てこないのでゲーム自体を辞めた人が多く、本末転倒な気も…
↑ブレードライガーAB

第3弾稼働時から登場しているのに信じがたいエンカウント率の低さを誇る乱入ボス。他の乱入ゾイドに比べて圧倒的に出にくく、私は累計5万以上使って、エンカウント5回の入手2枚という結果(笑)。ネタかと思うようなエンカウント率ですが、周囲もそんな感じです。出現も規則的なものではなく、出ない時は200回ぐらい連続で出なかったです。
↑ワイルドライガー(第1弾シークレット)

これが一番厳しいかも


「カードを買う」でしか入手できない鬼畜仕様のためゲームをすることなく、100円消費作業をする必要があります。仕様上、1枚ずつ印刷するため、かなり時間が掛かりそれを最高で150〜200回ぐらいする必要があります。お金よりも時間が厳しかったです。

ちなみに管理人は平日午前中からイオンで大量の100円玉を用意し(電子マネー非対応)、2時間以上連続でカードを買い続けてやっと入手できました。しかし、入手できたからよかったもので、大量投資後に途中でカード切れでプレイ不可になったり、たまたま後ろに並んだ子が引いたらリアルに暴走するレベル。
↑ファングタイガー(第2弾前期シークレット)

今回から通常プレイでも入手可能になり、前回のように狙って出すことは出来ませんが、ゲームを楽しみながら運よく入手できるのはよかったです。私は紫龍戦で入手できました。
↑デスレックス(第2弾後期シークレット)

こちらは覚醒ワイルドライガーのキャンペーン時に入手。キャンペーンカードは入手できませんでしたが、ケガの功名といったところでしょうか。
↑ブレードライガー(第3弾前期シークレット)

出なかった(苦笑)

自力では入手できませんでした。ブレードライガー世代としては一番入手したいカードだったので悔しかったです。
↑ビーストライガー(第3弾後期シークレット)

こちらはミラージュ戦で入手。シークレット全体で見ると相当プレイしてからやっと出るパターンばかりでした。


 
一部を除いて基本的に「運」なので引ける人は簡単に引けて、引けない人はさっぱり引けません。


本当の敵はコンコルド効果だろうな



バトルカードハンタートップに戻る