SEO対策

 ホームページ関連でよく聞くSEOについて説明します。ゾイド関連のサイトではあまり必要がないような気もしますので最低限の内容で記載します。

 SEOとはグーグルやヤフーなどのサーチエンジンで上位に表示されやすくするサーチエンジン最適化のことです。ホームページの検索エンジン登録作業さえ済んでいれば検索すれば表示されることになりますが、10ページや20ページ後に表示されても訪問者は辿り着きにくいです。そこでサーチエンジン最適化を行うことで上位表示されやすくしてアクセスアップさせます。

ただし

 「ゾイド」関連サイトに関してはそこまで真剣にSEO対策をしなくても問題ないと思います。例えば「パソコン」や「インテリア」関連サイトの無数に存在しますが、「ゾイド」というのは数あるホームページのカテゴリの中でもかなり限定的なジャンルだからです。

 もし上位表示させたいなら、「タイトル」、「H1」、「キーワード」、「説明文」のタグを意識してページを作成するといいでしょう。それぞれ簡単に説明します。



「タイトル」
日本語でタイトルと聞くと、見出しの大文字が思いつき、このページだと上部の「SEO対策」というのがタイトルかと思いますが、ページ構成でのタイトルは違います。このページではウィンドウ上部に表示されている「SEO対策について ゾイド総合ランド」というのがタイトルになります。

 たまに「無題」とウィンドウに表示されるページがあるかと思いますが、あれはタイトルを設定していないからです。無題のままだとブックマークしても何のページが分からず不便であり、上位表示されることはありません。


「H1タグ」
HTML関連に詳しくない方には聞き慣れない言葉ですが、タイトルと並ぶ重要項目です。実際にはH1〜H6ぐらいまで設定できるのですが、H2以降は効果が薄いので、とりあえずH1だけは設定しましょう。
 このページのH1タグはページ上部の「SEO対策」というのが該当します。…ただの上部にある大きな文字にしか見えないかもしれません。H1タグを意識するのは閲覧者でなく、検索エンジンですので注意。日本語のタイトルと一緒になりそうでややこしいです。


「キーワード」
そのページやサイト全体に有効なキーワードを設定します。ゾイドサイトでしたら、「ゾイド、ZOIDS、アニメ、キット、ゲーム、タカラトミー、コトブキヤ、改造」といった感じに関連性のある言葉を設定することで、検索エンジンが見つけやすくなります。このページでもこのキーワードを設定しています。こちらも設定しても目に見えるものでなく検索エンジン用の設定です。


「説明文」
正確にはdescriptionタグで、そのページ全体の説明文です。こちらは検索エンジンで検索した時にタイトルの下に表示されます。このページでしたら、「SEO対策の説明ページです。ゾイドサイトですのでゾイド中心の内容になっています。」という説明文を設定しています。設定しなかった場合にはページ上部から本文が部分的に表示されます。


 以上が簡単なSEO対策です。それぞれページごとに設定する必要があり、面倒に思うかもしれませんが、設定してしまえば新しくページを作る時、既存ページをコピーして部分的に文章を変えるだけで設定が完了します。


 中には有料で上位表示やアクセスアップを手助けるサービスもありますが、お金を払ったからといって劇的にアップするわけでもなく、1年で万単位ものお金が掛かりますのでゾイドキットでも買った方がいい気がします。他のジャンルのホームページを作成するときには考慮してもいいかもしれません。もちろん本サイトもその手のサービスは利用していません。
←ステルスバイパー。ゾイドはモチーフが2足、4足歩行動物が多い中の珍しいヘビ型ゾイド。数あるホームページのカテゴリの中で「ゾイド」というのはかなり限定的なカテゴリですので徹底したSEO対策は必要ないと思います。

 写真は月刊ゾイドグラフィックス4の付属モデル。名前は旧名でスネークスで復刻されました。


ホームページ作成、運営エリアトップに戻る