デジカメ撮影方法 ライティング編

 前回はゾイドキット特有の影の存在について説明しました。今回は出来るだけ影を薄くする方法を記載しています。高度な内容ではなく万人向けにあまりお金が掛からない方法を記載しています。

↓下の2枚のレドラーの写真を見てください。

↑こちらの写真は影が目立ち、光が遮られる足元は暗く見にくいです。

↑対してこちらは影が目立ちにくく、足元もよく見える綺麗な写真です。


ゾイドは影が出来やすいモデルなので光の工夫が必要になります。

 撮影環境が一式になっているデジカメスタジオや撮影専用の照明器具はどれも万単位と高いので、ここでは出来るだけ安く済ませて、撮影環境を変える方法を説明します。写真のような強い影が出来ているときは反射板などを追加するより、単純に照明を追加することで綺麗な写真が撮れます。


 ここで紹介しているものは単純な照明器具の追加工程です。撮影環境によっては管理人の用意したものと全く同じものを用意しても明確な効果が得られない場合もありますので、参考までにお願いします。



用意するもの
↑デスクスタンド。首の角度が自由に付けられるタイプがオススメ。撮影環境によってはクリップで固定できるクリップライトでもいいでしょう。電球別売りタイプならホームセンターで1500円前後で買えます。管理人が購入したものは根元にスイッチのみがあるシンプルなタイプ。安価なもので構いません。
↑電球型蛍光灯。白熱電球はオレンジ色に発光するので撮影には向きません。蛍光灯の色は「昼白色」か「昼光色」を選びます。メーカーはどこでも構いませんが、安いモデルだと電球自体が大きく、デスクスタンドからはみ出すことがありますので、サイズを確認しましょう。

※右はLED電球。このページを作った時は電球型蛍光灯を使っていましたが、現在はLED電球を使用しています。
↑トレーシングペーパー。本来の用途は複写ですが、光を拡散させる性質があるので使用します。基本はセット売りですが、画材専門店などではバラ売りもしています。A4の50枚セットでも300円ぐらいです。


用意するものは以上です。

ちなみに今回、管理人が購入したものの値段はデスクスタンド1000円×2、電球型蛍光灯600円×2、トレーシングペーパー200円で計3400円でした。デスクスタンドなら撮影以外でも用途はいろいろありますので、無駄な買い物になりにくいと思います。
↑デスクスタンドに電球型蛍光灯を取りつけます。今回は山善のデスクスタンドにパナソニックのパルックボールを取り付けています。電球はE26口金の60型の昼光色です。

 光を拡散させるためにデスクスタンド前面にトレーシングペーパーを被せます。適当な大きさに切ったトレーシングペーパーをセロテープで付けるだけでOKです。
↑デスクスタンドを左右に配置してキットの中心に当たるようにライトを調整します。左の写真であった影が、右の写真では薄くなっているのが分かると思います。写真は私物が写らないようにライトをかなり接近させて撮影しましたが、実際にはもう少し離しています。

左右から光を当てると人間の目では眩しいぐらいに感じますが、デジカメにとっては適切な光量です。



それではデスクスタンド照明追加の効果を見てみましょう。どれもほぼ同じ角度で照明のみ変えてあります。


その差は歴然です。


全高が低いモデルや飛行型モデルは影が目立ちやすいので、横からライトを当てて影を薄くするとモデルがしっかりと写真の中心に立ちます。単に影が薄くなるだけでなく足元にも光が当たることでディティールがよりハッキリとして綺麗な写真になります。


ホームページ作成、運営エリアトップに戻る