ゾイドフィールドオブリベリオン

ジャンル MOBA   機種 スマホ   オススメ度 ★★

管理人レビュー

ティザーサイトには騙されたけど、思っていたほど悪くはないかな。


※こちらはテスト段階でのレビューのため、製品版では大きく異なる場合があります。


先にティザーサイトの話。
「ゾイド新プロジェクト」として突然登場したティザーサイトから始まり、詳細発表前には据え置きゲーム、アーケードゲーム、実写映画化と多くの噂が流れましたが、蓋を開けてみたら、ただのスマホゲーでガッカリした人が多く、騙された感が強かったです。正直、普通に詳細を書いてサイトを作った方がよかったと思います。


ゲームの話
近年のゾイドスマホゲーですと、ガチャだけのゾイド鋼の絆、走り抜けるだけのゾイドマテリアルハンターの出来が悪かったので、感覚がマヒしているだけかもしれませんが、本作はゲームとしてはまだ出来上がっているような気がします。

 登場ゾイドはテスト段階ではシールドライガー、アイアンコング、ゴルドス、ジェノザウラーであり、プレイヤーは操作できませんが、ゴルドス、モルガと各チームの切り札的存在のデスザウラーが登場しました。ゾイドは種類を出してこそ楽しさが生まれると思いますので、多くのゾイドに登場して欲しいです。
 ちなみに私はジェノザウラーが好きなので多く使いましたが、期待の荷電粒子砲が使いにくく、ガドリングを撒いている方が明らかに強かったです。

 グラフィックは過去作品からの使い回しが多いですが新規に作っているものもあります。スマホで手軽にゾイドのグラフィックが見れるのはよかったです。ゾイドストラグルやフルメタルクラッシュの開発に関わったエイティングが担当していてよかったです。

 戦闘システムは4対4に分かれてのチーム戦であり、先に拠点を落とした方が勝ちいうルールで戦います。時間は10分で、自ゾイドが破壊されても基地から再出撃できます。また破壊される前でも基地に戻って回復することも出来ます。
 ルールは今のところはランダム戦のみですが、製品版ではゾイド固定や特別ルールなどの複数のルールで戦えるといいと思いました。

 ゲームバランスはまだテスト段階ですが、ガドリングや一部のミサイルが異常に強く、格闘が使いにくく、HPが少なくすぐ倒れる印象でした。マップもテスト段階では一つだけでしたが、種類を増やせば様々な戦い方が生まれ楽しめると思います。

 難点としてはスマホの仮想キーだと操作性が悪いこと。RPGやシミュレーションなら問題ないかもしれませんが、本作はリアルタイムで自由に動けるためアクションゲーム並みの操作感が必要であり、誤動作してしまうことが多かったです。
 また、チーム戦時の電池の減りも早かったです。ポケモンGOのようにGPSの位置情報は使わないのですが、計8人とのリアルタイム通信が必要であり、戦闘中はスリープ状態にも出来ないため、1戦を終えた後の電池の減りは大きかったです。






 このレビューはテスト段階でのものであり、プレイヤー数やレベル差など問題はあるかと思いますが、ゲーム自体はそこまで悪くないと思いますので、製品版での出来に期待します。最近のゾイドゲームの展開が寂しいので、このゲームで多くのファンを生み出せたらいいと思いました。


ゾイドフィールドオブリベリオントップに戻る