ゾイドバトルカードゲーム
支援部隊

 今回はゾイドバトルカードゲームの支援部隊について語る。
 こちらはスターターパック付属のイベントカードで攻撃時に1回だけ攻撃力を+200することが出来ます。イラストは共和国がカノントータス、メガトプロス、サンドスピーダー、帝国はシーパンツァー、ゴーレム、ショットウォーカーの機甲部隊となっています。
 カスタムカードとは別に攻撃力を+200出来るのはいいですね。
 ポケモンカードでいう「プラスパワー」のようなもんだ。撃破までのダメージが少し足りない時の最後の一押しに使える。サイズや攻撃種類に制限はないので使いやすいと思う。
 しかし、ポケモンカードと違って、本ゲームは必ず命中判定があり、自ターンでも相手の妨害手段が豊富なため、使っても無駄になることが多いです。
 最後はやっぱり命中判定ですか
 本ゲームは必中にしない限り命中判定から逃げることができない。

 もっとも必中にしても、まだ回避手段があるがな。
 実際のゲームだとかなり面倒そうですね。
 まぁ、2000年時のゲームですのでゾイドコラムではお気軽に読んで頂ければと思います。
 これって後ろから援護射撃しているのかな?
 イメージ的にはそうだと思います。
 援護射撃なんてしなくていいから、敵に近づいてオトリになって欲しいな。

 出てきた敵を機甲部隊ごと私が撃つ!
 ひどい!
 機甲部隊は名誉の戦死を遂げた。

 私は見事に昇進だ!
 嫌なキャラのポジションですね。
 確かに嫌なキャラに思えますが、実際の戦争では立派な戦術なんでしょうね。
 戦争に卑怯もクソもない。

 正々堂々なんて言ってられないのだよ
 考えさせられますね。
 支援部隊で旧ゾイドが出てきて嬉しかったファンは多いはず!




ゾイドコラム ゾイドバトルカードゲームトップに戻る