ゾイドバトルカードゲーム
ジェノブレイカー

 今回はゾイドバトルカードゲームの「ジェノブレイカー」について語る。
 こちらはブースターパック2のゾイドカードで、M型にしてデスザウラーと同じ格闘攻撃力を持ち、移動適正は驚異の3地形持ちで、同じM型でもステータスの差が激しいことを示すいい例です。スターターパックのM型とは比べられない強さを発揮します。
 移動適正3つ!!
 移動適正3つはジェノブレイカーだけだからな。最初見た時はビックリした。例えるならポケモンカード旧裏面で「R団のミュウツー」を最初に見た感覚だろう。
 …よく分かりません。
 ジェノブレイカーらしい特徴だと思いますが、格闘、移動適正、HPが強化された反面、射撃、射程、WRは下がってます。使い勝手としてはゲームシステム上ジェノザウラーの方が使いやすいと思います。
 ところで、このジェノブレイカーのカード光ってますね。
 これはメタルカードと言ってステータスや絵柄は同じだが、低確率で入っているレアカードだ。一般的なキラカード、プレミアカードみたいなもんかな。
 そのジェノブレイカー版ですか。

 ここの管理人ジェノブレイカーが大好きなので当たった時嬉しかったでしょうね。
 嬉しくて当たった時は部屋で盆踊りを踊ったらしい。
 …
 ん?どうした?
 あの…好きなキャラやレアカードが当たって喜ぶ気持ちは分かるんですが、なんで盆踊りなんですか?
 いいところに気づいたな!
 そこしかないです!
 説明しますとキットのジェノブレイカーは2000年7月27日に発売されました。そして、ブースターパック2の発売日は同年8月3日でした。つまり子供にとって夏休み中の発売でした。当時、夏祭りで踊った盆踊りが印象的だったのでしょう。
 いや、そうだとしても普通は流行りの曲の振り付けとかじゃないですか?
 そんな一般の人間はゾイド総合ランドなど運営していない!
 なるほど。
 カードの話に戻りますが、移動適正3つにスモークディスチャージャー付けて、キルシェ・ハルトリーゲルに乗られると手が付けられなくなります(砂地形では常時命中−3)。バランス的にはジェノザウラーの方が強いですが、ジェノブレイカーの格闘性能を見せつけてやりましょう。
 「もっと強いジェノブレイカーがいるぞ!」と思ったのは私だけでないはずだ!!
 ポケモンシール列伝の説明文とは懐かしいですね。




ゾイドコラム ゾイドバトルカードゲームトップに戻る