電撃ホビーマガジン

発行=メディアワークス 発売日=毎月25日ごろ 定価=980円前後

内容紹介
 ホビージャパンに並ぶホビー雑誌がこの電撃ホビーマガジンです。総ページ数は300ページぐらいで、カラーページの方が多いです。サイズはA4と大きく、特別付録が出る月もあります。内容はガンダムがメインですが、他のロボット物やゴジラやウルトラマン等の特撮作品も取り上げられています。ゾイドに関しては真ん中辺りに掲載されていて最新キット情報やゾイド関連商品を幅広く紹介したり、改造例が掲載されています。
 ゾイド関連で誌上限定付録としてブリッツホーネット、ブリッツハーケン、ブリッツソーダという小型ゾイドを出しています。ブリッツとは英語で電撃攻撃(猛攻撃)、ドイツ語で稲妻、フラッシュを意味することから書名の「電撃」のことだと思います。

管理人レビュー
 コロコロと違って小学生が対象ではなく、ある程度の年齢の人を対象に取っていて読みやすいです。値段が1000円ぐらいと高いですが、それだけの価値あるホビー雑誌です。ゾイドに関しては上記にも書いた通り、内容が充実しています。
 箱型の特別付録が付くとき以外は基本的に立ち読みができるので、購入しなくてもゾイド情報を立ち読みで軽く確認するのもいいと思います。



←ブリッツホーネット。誌上限定付録の一つ。スズメバチ型の小型ブロックスゾイド。尾から出す液体はゾイドの機能を一時的に停止させる威力を持つものの、大型ゾイドにはほとんど効果がない模様。

 写真ではブリッツホーネットのみパイロットを乗せています。
←ブリッツハーケン。誌上限定付録のうちの一つ。機体中央にブロックスユニットを一つ搭載した小型ブロックスモデル。ブラストルタイガーの支援機で、パーツを分解することでブラストル用のカスタマイズパーツにもなります。タイプはレブラプターと同じヴェロキラプトル型ゾイド。

 ちなみにハーケン(haken)はドイツ語でカギ、フックを指します
←ブリッツソーダ。誌上限定付録の一つ。上記のハーケンと同じくブロックス1つを搭載。こちらはバラッツの一種という設定になっています。

 クワガタ型ですが、詳しいモチーフは「ギラファノコギリクワガタ」という世界最長のもの。ギラファとはキリンのことで、キリンのように長い大アゴを意味しています。


ゾイドブックエリアに戻る